ライカ片手に気ままな自転車人

タグ:M8 ( 52 ) タグの人気記事

LEITZ WETZLAR HEKTOR 8.5cm F 2.5

最近レンズ沼にハマってます。^_^;

何気にパソコンを見てたら、何やら希少な物が。

「ポチッ」と押しちゃいました。

プロジェクターレンズのHEKTOR  8.5cm F 2.5   

ヘリコイドを付けて、Lマウントに改造してあります。

M8には、Mマウントアダプターを取り付けて使用。

b0315547_10361262.jpg

こんな感じでメカっぽさ全開です。(結構好きかも笑)

描写は   ライカのプロジェクターレンズらしく  

非常に解像力が高く   また 色乗りも良く   

スッキリとヌケの良い描写をするレンズらしいです

ただ、プロジェクターレンズなので、絞りは無く、F2.5のみ。

距離計も勿論連動しなくて、ピントが合わせられない。

ライブビューがあるカメラじゃ無いと使えません。

でも大丈夫。

もうすぐMの最新機種が手元に来るから。^_^

by tatsufuku2913 | 2017-03-16 10:30 | LEICA | Comments(0)

銭湯

代々木上原に昔からある銭湯

b0315547_21281550.jpg

まだ一度も行った事がないなぁ。

b0315547_21290068.jpg

その隣のカフェに、懐かしのタロウが居た。わ

by tatsufuku2913 | 2017-03-12 08:30 | LEICA | Comments(0)

ELMARIT28mm

広島の木村さんに、28mmの広角のお薦め何ですか?

と聞いたら、elmaritの現行が良いとのアドバイスを受け

早速購入したのがこれ。

b0315547_17454148.jpg

小さくて軽くてシャープでビックリ。

アスフェリカルなので、周辺迄ピシってきますね。

by tatsufuku2913 | 2017-03-11 17:39 | LEICA | Comments(0)

多肉植物

この朽ち果てた感じの中に生命力を感じる。

b0315547_21222175.jpg


by tatsufuku2913 | 2017-03-11 08:30 | LEICA | Comments(0)

surf house

新しくラインナップに、ELMARIT28mmが加わりました。

m8なので、画角が少し切られますが、そこそこ広角が

楽しめます。(^^)

いつもの湘南でスナップ。

あの辺りは、お洒落な家が建ってる。

b0315547_14311198.jpg

カリフォルニア工務店が建てた有名なsurfhouse。

海の近くに家がほしい

by tatsufuku2913 | 2017-03-10 13:08 | LEICA | Comments(0)

春の訪れ

三寒四温という言葉があるように、一週間の中でのも

暖かい日あったと思うと、急に寒くなったりと気温の変化が激しいですね。

雪が溶けたら何になる?

春になる。

b0315547_00543862.jpg
M8 SUMMICRON35mm




by tatsufuku2913 | 2017-02-27 00:56 | | Comments(0)

男のロマン

街を颯爽と駆け抜けるクラッシックカー。
オープンカーは秋が似合う。

b0315547_18182486.jpg
70歳過ぎたら乗ってみたい。

by tatsufuku2913 | 2014-11-14 01:37 |

京都の家に帰った時、そこにある柿でも食べようと思い手に取ったら
なんと、着物の端切れで作られた置物だった。

b0315547_17171657.jpg

これ凄い好き。


by tatsufuku2913 | 2014-11-12 17:24 | | Comments(0)

呪われた金貨

茅ヶ崎の海岸をぶらぶら歩いてると、

地面から何かもの凄いパワーを感じると思い

ふと、見てみると

そこには、あのパイレーツ オブ カリビアンに出て来た

呪われた金貨じゃありませんか!!!

b0315547_21433924.jpg

これが、最後の金貨とすれば、あとは生け贄が必要だな。

笑。

by tatsufuku2913 | 2014-08-14 21:55 | お散歩 | Comments(0)

伊勢神宮

ずっと行きたかった場所。

『伊勢神宮』

b0315547_00122119.jpg

去年は式年遷宮が行われ、真新しい白木が清らかでした。

始めて知ったのが、壊して建てるのかと思いきや

隣に建てるんですね。笑。

でも、なるほどと思ったのが

20年も経てば、木も朽ちてくるが、建てる職人も居なくなる。

建築を実際に担う大工は、10歳代から20歳代で見習いと下働き。

30歳代から40歳代で中堅から棟梁。

50歳以上は後見となる。

このため、師から弟子に伝えられる事が出来るのが

20年に一度の遷宮であれば、多くても2度のチャンスしかない。

それを、古い殿舎を見ながら造るんですって。

納得。

b0315547_00120178.jpg

そして、周りをぶらぶらしてると、

素敵なファミリーマート発見。

b0315547_00150904.jpg

街にとけ込む感じが、街を大切に思ってるって事だよね。

そして、その先には、「おかげ横丁」

b0315547_00134168.jpg

この感じ好き。

b0315547_00143462.jpg

「赤福」もすっごい人だかりでした。

b0315547_00124675.jpg

帰りの駅で、電車をついつい撮ってしまう。

b0315547_00132390.jpg

こんな僕は鉄男でしょうか?

by tatsufuku2913 | 2014-08-08 00:28 | お散歩 | Comments(1)